フィギュアーツがアツイ

DSC011101

S.H.Figuarts(S.H.フィギュアーツ)とは、バンダイコレクターズ事業部「魂ウェブ」より展開しているフィギュアブランドである。
「人型可動によるキャラクター表現の追及」をテーマにしたフィギュアシリーズで、主にスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮アクション作品に登場するキャラクターのアクションフィギュアを製作・発売している。
「S.H.」とは「Simple Style」と「Heroic action」という意味で、フィギュアの特徴である「スタイリッシュ」と「よく動く」を両立させたブランドとして人気を博している。一方で「キャラクターの造形がおかしい」「可動が少ない」「ポーズをつけづらい」という欠点を持つフィギュアもちらほら見受けられる。
「ヒロイック」と先述したが、登場するのは特撮作品だけというわけではなく、プリキュアシリーズやドラゴンボールシリーズに、近年TIGER&BUNNYに代表されるアニメ作品やドラえもんやパーマンと言った国民的人気作品などもフィギュア化している。ただバリエージョンの豊かさではfigmaに劣るのはやむを得ないかもしれない(あちらはプリキュアシリーズ以外のいわゆる「萌えアニメ」のキャラクターなどもフィギュア化しているため)。
販売形態は全国のフィギュア取扱ショップでの一般販売の他、通販サイトであるプレミアムバンダイでの受注限定販売も行っている。
バンダイの特撮フィギュアシリーズというとかつて発売していた「装着変身シリーズ」を思い浮かべる人もいるだろうが、装着変身シリーズには様々な欠点があり、フィギュアーツは装着変身シリーズの後継としてその欠点を補うかのようなコンセプトになっている。

 

以下は各シリーズ紹介を引用しています。

 

Figuarts ZERO
非可動フィギュア。可動軸をなくすことで低価格化を実現した。現在ONE PIECE以外に仮面ライダーWが参入している。
基本的に造形のみに力を入れられるため、出来がいいのが特徴。

 

D-arts
デジタルチックなキャラクターを主としたアクションフィギュア。名前のとおりフィギュアーツのノウハウを生かした、というよりほとんどがそのままのものと言えるような構成となっている。タイトルからしてデジモン専用のアクションフィギュアではと思われていたが、デジタルキャラクターのためのブランドと言うことらしく、多彩なジャンルのゲームキャラクターに加え、なんとまるっきり人間キャラであるKOF、餓狼伝説等の格闘ゲームキャラクターも参戦することになった。
ペルソナ、WA、.hack参戦などはあるものの、デジモン、ロックマンXやメダロット、KOF、餓狼伝説等妙にコミックボンボンゆかりの作品が多いのも特徴。

 

chibi-arts
等身の低いデフォルメキャラクターシリーズ。簡単に言えばバンダイのねんどろいどである。いきなり仮面ライダーWの主人公の二人が限定化という後ろ向きなスタートであるが、反面仮面ライダーやプリキュアを早速展開するなどラインナップとしては意欲的である。値段が高めだがこれもねんどろいどと同様。

 

S.H.MonsterArts
S.H.Figuartsで培われた、可動(アクション)フィギュアの技術を使用し、『怪獣(モンスター)』にフィーチャーしたアクションフィギュアシリーズ。それが『S.H.MonsterArts(エス・エイチ・モンスターアーツ)』である。